トップ

まつげ

学校に行けない時の注意点

昨夜まで元気だったのに、朝になると具合が悪くなって学校に行けない。熱はないけれど腹痛や頭痛を訴えるので、休ませ様子を見てみる。でも直ぐに元気になり、いつもと変わらない。もしかしてズル休みなのかな。子育てをしていると、そんな場面に遭遇する親も多いと思います。でもまた同じ事が繰り返し起こって来たりします。心配になり病院に連れて行くけれど、異常なしで診察は終了してしまいます。そんな事が続くと学校に行きたくないから嘘をついているのかと思ってしまいがちですが、子供は本当にその時は症状を感じています。もしかしたら辛い気持ちからのSOSの可能性があります。ズル休みと決めつけずに、子供と話し合う良いチャンスです。

休むことはいけないことなのか

たまには休んでもいいじゃないかと、私は思います。たまには日常を離れて、自分だけの時間を過ごすのも必要なことと思います。学校に決められたとおりに行くことも大事ですが、ごく、たまにルールをはずして、自分だけの世界や違った空間に身を置くこともいいではないでしょうか。休むと、すぐ不登校になると周囲は騒ぎますが、なかには自身だけの理由を決めている人もいます。その理由は千差万別です。まとめて批判するのは間違いです。みんな、多感に学校生活を送っていたあの頃のことを思い出してください。価値観は人によって異なりますよ。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校に通う子供の異変. All rights reserved.